初めての医療保険〜みんなが知りたい?!告知書の書き方〜

医療保険関連でよく使うサイト一覧

    リスクに対してどう構えるか

    現在「保険」と言えばその種類は非常に多く多岐に渡る商品が販売されていますよね。
    また中でも「生命保険」はリスクの大きい現代では誰にとっても必須なものであらゆるタイプの保険の形が存在しています。
    かくいうわたしも今現在何種類かの生命保険に加入しているんですが、保険って何事か起こった時でないとそのありがたみを実感できるものでは無いですし、そのくせ保険料はわたしからすればどれも高めに映ってしまい上手に保険に入るのは大変です。
    まあわたしの場合、保険に対する考え方は明確で生命保険と医療保険は健康に関する保険なので、自分である程度健康管理は注意出来ますが、それでも家族の事を考えると手厚く設定しておりますしその他保険に関してはわりと安めの設定保険金額にして普段の生活に注意し保険料を抑えています。
    実際生命保険や医療保険は、もし今わたしの身に何事か起これば即家族の生活に直結する事で、保険料をケチって失敗するわけにはいきませんので充分な手当てをしていますが、中でも医療保険は完全掛け捨て型を選択しておりまして、これは貯蓄タイプのものもあったのですがそろそろ中年と呼ばれる年頃に差し掛かるわたしとしては、将来僅かばかりの祝い金を貰うよりもトラブルに見舞われるリスクが段々と高まってくると分かっている今の自分が病気にかかるリスクを優先し、とにかく万全の保障が受けられるタイプの医療保険を選択しております。
    まあこれは男性で家族をもっている方ならみなさんそうだと思うのですが、やっぱり保険を検討する時にまず思い浮かぶのは「家族の顔」。
    自分自身が病気になる事も怖いのですがそれ以上に家族が経済的に困窮する事は避けなければなりませんので、わが子に医療保険を掛けるのなら祝い金付きの保険も後の楽しみがあるので良いのですが、自分の立場としては祝い金より「補償金額の増額」が1番になってしまうと思いますよ。
    保険というのは形の無いもので人それぞれの考え方で変化するものではありますが、貯蓄は銀行でするものですし「保険は転ばぬ先の杖」と割り切って考えてリスクに怯えなくても良いように万全な備えを何時でもしておきたいものです。

    詳しく知りたい医療保険のお役立ちリンク

    Copyright (C)2018初めての医療保険〜みんなが知りたい?!告知書の書き方〜.All rights reserved.